本当におすすめの低金利キャッシングランキング※計算方法も

「キャッシングを利用してみたいけど選び方がわからない
選ぶなら低金利のものを選びたい」
キャッシング選びで調べている人は上記のように思っている人がたくさんいるでしょう。
今回は記事では、キャッシングについてあまり詳しくない人のためにキャッシングの選び方と利息の計算方法について詳しくご説明いたします。ぜひ参考にしてみてください。
また、低金利のキャッシングランキングをご紹介するので、自分に合ったものを探し出して計画的に利用しましょう。もう絶対今すぐお金を借りたい方はこちらも参考に⇒どうしても3万円必要!!1、2万今すぐ借りたい方必見!お金を即日借りる方法

いざという時借りられるところを知っておきたいのですが色々あって悩みます…

キャッシングの利息計算方法を学ぼう

キャッシングをすると必ず利息を元金と一緒に支払わなければいけません。利息は自動で計算されるものですが、自分で計算できるようにしておくことで事前に計算して計画的に返済することが可能です。
利息を計算するための計算式は次の通りです。

【利息計算式】
利息=借入残高×金利÷365日×利用日数

利息を計算するときに注意すべきポイントはキャッシングの利率は「年率」という点です。年率のみで計算してしまうと、1年間の利息が算出されてしまうので必ず365日で割って借りる期間(日数)を掛けましょう。「借りる期間(日数)」は借りた日から次の返済日までのことです。

「借入残高」は返済するたびに金額が変わるので、もし1ヶ月後の利息も計算したいときには 1ヶ月ごとに借入残高を修正して計算していく必要があります。

自分で計算するのが面倒という人は、キャッシングの公式サイトに返済シミュレーションもあるので利用してみてはいかがでしょうか。

「借入希望額」「借入期間」「借入金利(年率)」を入力すれば、すでに借りている人だけではなくこれから借りたいと思っている人でも利用することができます。

プロミス返済シミュレーション:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPB01Control

低金利なのかは「審査結果」によって異なる

「実質年率4.5%〜17.8%」というように各キャッシングに記載されている年率の数値には幅があります。これはなぜかというと「審査結果」によって年率が変わるからです。

年率が1桁台の低い金利は最高限度額の場合となります。そのため、ほとんどの人が最も低い金利でキャッシングする機会がないでしょう。

キャッシングを希望するときにはいくつものカードローンを比較するときに低金利な部分だけ注目してしまいがちだと思いますが、比較するときには最も低い金利だけではなく高金利時の年率にも注目しましょう。

広告でよく最大800万円借りることが可能などと記載されています。しかし基本的には借入可能金額というのは「年収の1/3」と貸金業法の「総量規制」で制限されているのです。

そのため、800万円借りる場合は年収2,400万円必要となるので一般的には最高限度額まで借りることができるケースがごくまれと考えられます。

また、他にローンを組んでいる場合は借りることができる金額は減少します。

年率の幅が広いのはそうゆうことなんですね!1桁台ではなかなか借りられないものなんですね。

「返済方法」も選ぶときの重要なポイント!


返済方法によって損得が決まります。「低金利」「借入可能額」も大事なポイントですが、「返済方法」にも注目しておきましょう。返済方法は次の通りです。

・WEB返済
・振込返済
・ATM返済
・店頭窓口返済

WEB返済

WEB返済とは会員専用画面にログインしたときに表示されているPay-easy(ぺイジー)で返済したりネットバンキングから返済したりするWEBを利用して返済する方法です。

24時間365日いつでも返済することができるところもあるので手軽で便利です。

振込返済

銀行口座から指定の場所に振込をする方法です。振込がどの口座でも行うことができますが、銀行が決めている振込手数料がかかるのであまりおすすめできない返済方法です。

ATM返済

カードローン会社やコンビニのATMから返済する方法です。ローンカードを入れることで返済することが可能であり、基本的には返済額の他に1万円未満は108円、1万円以上は216円がかかりますが、手数料がかからない会社もあります。

また、カードローン会社の自社ATMを利用することで手数料を節約することも可能です。

店頭窓口返済

カードローンの窓口に行って直接返済する方法です。対面なので何か疑問や相談したいことがあったときには会話ができますが、周囲の人にカードローンを利用していることをバレたくないという人は避けたほうが良いです。

最近はネットやATMで返済する便利な方法があるので利用する機会はほとんどないでしょう。

今は窓口に行かなくても返せる方法がたくさんあるから、時間も場所も自由に選べて便利ですね♪

低金利のキャッシングランキングBEST5

低金利でおすすめのキャッシングランキングをご紹介します。お金を借りようと検討中の人はぜひ参考にしてみてください。

1位【プロミス のカードローン】
2位【J.Score AIスコア・レンディング】
3位【アイフル キャッシングローン】
4位【三井住友銀行 カードローン】
5位【アコムのカードローン】

それぞれのカードローンの特徴を詳しく解説していきます。

1位:24時間対応!「プロミス のカードローン」


プロミスのカードローンは、カードローンは土日・夜間でも24時間振込可能で、webからの契約であれば最短1時間で融資してくれます。また、初めての契約の場合は初回利用の翌日から30日間無利息となります。

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間

さらにプロミスのおすすめポイント!「はじめて契約する人」は最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえます。もらうには次の2つの条件を満たす必要があります。

・プロミスカードのご契約手続き完了日から、 30日以内にプリペイドカードのお申込み
・プロミスカードのご契約手続き完了日から、 2か月以内にプリペイドカードのご登録手続きを完了する

郵送物やカードがないので、家族に内緒でこっそり申し込みしたいなんて人も安心です。

2位:日本初のAIを取り入れた「J.Score AIスコア・レンディング」


J.Score AIスコア・レンディングはAIスコアを利用する審査で現代的であり、みずほ銀行とソフトバンク(ワイモバイル・Yahoo! JAPANを含む)との情報連携によって金利(年)を0.1%引下げ(最大0.3%引下げ)してくれます。

実質年率 0.800%~12.000%
借入限度額 10万円~1000万円
審査時間 最短30分
融資時間 即日融資

どこよりも低金利ですが、借入申込は平日22時55分までとなっています。借入にはいくらであっても「収入証明書類」と「本人確認書類」が必要となります。J.Score AIスコア・レンディングは少し変わったポイントがあります。それは、次の項目も審査対象となることです。

・顧客の趣味
・SNSの投稿内容
・TOEICなどの資格取得情報など

AIスコアは情報を連携したり追加情報を入力したりすることによって、さらに「金利引き下げ」や「限度額アップ」の可能性が期待されます。

審査にAIを利用することは日本では初めての試みであり、まだ実績がないですがアメリカやヨーロッパでは当たり前のように利用されています。

AIでの審査ですが、審査状況によっては勤務先に連絡がいく可能性もあります。

3位:返済日を自由に決める!「アイフル キャッシングローン」


アイフルのキャッシングローンは初めての人は30日間無利息であり、郵送物がなく WEB完結です。

実質年率 3.000%~18.000%
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間

アイフルのキャッシングローンは 50万円以下なら「収入証明書」の提出は原則不要です。最低年率は3%と低いですが、実質年率の最大が18%とプロミスなどよりも高いのが気になる点です。

なんだか「プロミス」と似ているように見えますが、実は30日間無利息に大きな違いがあります。

違いは次の通りです。

アイフル:「契約翌日から」30日間無利息
プロミス:「初めての借入翌日から」30日間無利息

キャッシングを申し込んでもすぐ利用するとは限らないです。すぐに利用しない場合はアイフルの場合、無利息日数が短くなってしまうのがデメリットです。

4位:提携コンビニ手数料無料!「三井住友銀行カードローン」


三井住友銀行のカードローンは全国の三井住友銀行のATM・提携のコンビニATMの手数料が無料となります。なんとキャッシュカードとの兼用カードでなければ「ゆうちょ銀行」を利用することも可能です。

実質年率 4.000%~14.500%
借入限度額 最大800万円
審査時間
融資時間

月々の返済が2,000円からと安く、実質年率も低いのがポイントです。最大借入限度額である700万円〜800万円であれば4.000%の年率で借入でき、100万円〜200万円であれば10.000%〜12.000%の年率で借入することが可能です。

しかし、審査に時間がかかるので急ぎでお金が欲しい人にはあまりおすすめしません。

5位:アコムのカードローン


アコムのカードローンは、三菱UFJファイナンシャルグループが運営している会社の商品であり、初めての人は30日間無利息であり、郵送物がなく WEB完結です。

実質年率 3.000%~18.000%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
融資時間 即日融資

アコムもアイフルと同様、「契約日の翌日から」30日間無利息となります。プロミスと比べると無利息の条件が若干劣ってしまいますが、審査が早い点や有名な企業というメリットもあります。

急いでいる人」や「初めてのキャッシングでどこにすれば良いのかわからないという人」にはおすすめです。

特徴を解説!「消費者金融キャッシング」と「銀行キャッシング」


キャシングにはには次の2種類の業態があります。

・消費者金融キャッシング
・銀行キャッシング

どちらもメリットとデメリットがあるのでしっかりと比較してみてください。主に次のポイントに違いがあるので注目してみましょう。

・審査
・金利
・融資の早さ

消費者金融キャッシングのメリットとデメリット

消費者金融とは「アコム」や「プロミス」などの貸金業者が取り扱っているカードローンなどのことを指します。メリットとデメリットは次の通りです。

メリット
・即日融資してくれる
・審査が早い
・有名なところが多いので信頼性がある
デメリット
・銀行よりも金利が高い

消費者金融の最大のメリットは審査の早さです。審査が早いのですぐに借入することが可能なので、急な出費があっても気軽に借りることができます。銀行よりも審査が緩いので、審査が通るか自信のない人は消費者金融で契約してもらうと良いでしょう。

銀行キャッシング

銀行キャッシングは三井住友銀行やみずほ銀行、地方銀行が取り扱っているカードローンのことを指します。メリットとデメリットは次の通りです。

メリット
・金利が消費者金融よりも安い
・取引している銀行であれば管理しやすい
・銀行なので安心感がある
・借入可能額が多い
デメリット
・審査が厳しい
・審査の時間が長い

銀行のキャッシングは金利が低く、利息を抑えたい人にとってはとても魅力的な金利です。しかし、銀行では「反社会的勢力」ではないのか確認をしなければいけないので審査がすぐには終わりません。早ければ1日後であり、遅ければ1週間かかることもあります。

借入可能額は消費者金融だと年収1/3まで制限されますが、銀行の場合は総量規制の対象外となるため年収の1/3を超えて借入することが可能です。

消費者金融と銀行それぞれの良さがあるんですね…
借入額や返済計画も踏まえて選ぶ必要がありますね!

まとめ

初めて利用する人にとっては、たくさんの中から自分にあったカードローンを探すのは難しく感じるかもしれませんが選び方のポイントを理解すれば大丈夫です。今回ご紹介したキャッシングランキングを参考にして「金利」「審査」「融資スピード」を中心に選んでみましょう。

また、キャッシングは計画的に利用しないと支払いきれないほどローンが高額になってしまう可能性があります。利息計算方法を利用しながら自分の支払い能力も把握しておきましょう。

消費者金融 おすすめ

タイトルとURLをコピーしました